スリーピー・ダイエット

眠っている間にカロリーを沢山消費しているというのは有名な話。
皆さんどれ位睡眠をうまくとれているでしょう?最近は睡眠について情報も錯綜しているため、何が正しいか分からなくなってしまっていると思いますが、良質な睡眠をとれば痩せやすい身体づくりだってできるんですよ!少し睡眠について考えてみましょう。
眠る女性
正しく眠れば痩せるんです!寝不足の際にはお腹が空いて仕方ないといったことがないでしょうか?もしくはあまり眠れていないと「何か食べたい」と延々考えてしまったり。
それはおそらく、寝不足になっていることにより体が危機状態となるため、かならがエネルギーを蓄えようとする働きを強く行うためなかもしれません。身体は睡眠不足で危機を感じるとグレリンという食欲を増す物質を分泌してしまうため食欲がわいてきてしまうのです。ですから、深く良質な眠りをとることは非常に重要です。

夢をみていないから深く眠っているというわけではない!

眠る動物これは要注意の内容です。夢をみるのは眠りが浅くなるときですが、人間はこの浅い眠りの際に夢をみるそうです。夢は覚えていられるのは目が覚める直前に夢を見ていた場合のみのため、夢を見ていないのはワアすれてしまうだけなんです。夢を見る見ないが深い眠りの基準にはなりません。

夜寝る前にお酒を飲むと眠りが深くなる

これは、お酒を飲むと眠くなってしまうがために言われていることですが、お酒を飲んだからといってよく眠れているわけではありません。お酒には睡眠導入の成分が入っていますがその成分が切れてしまった後は覚醒作用も働くのです。ただ、少量のお酒(小さ目のワイングラスに半分程度)であれば睡眠導入には胃に負担がかからず良いという説もあります。お酒は飲み過ぎるとアルコールを分解しなければならないため身体の中の臓器、主に肝臓が眠っている間もずっと動いているため、深く目覚めの良い睡眠にはならないのです。

22時~2時は肌に良いからと寝ているけれども眠りが深くない

たくさんの女性誌で22時から2時の間に眠っていると肌の状態が良くなると言われていますが、それは本当でしょうか?
実際にはあまりこだわる必要はないのではないかと専門家の間ではいわれているのです。22時~2時の間に眠った方が良い理由はこの間に成長ホルモンという肌に良い成分が出ているから。成長ホルモンを分泌させるためにはこの時間に眠っていることよりも睡眠導入後3時間で深い眠りにつけるかどうかが重要なのだそう。ですから肌のためにと無理やり早く寝て、眠れずに布団の中でうだうだしてしまうあげくにぐっすり眠れないというのはダイエットにも美肌にも逆効果となりますから気をつけて!

Comments are disabled